スロット このすば

閉じる
  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人口膾炙の解説 - 新明解四字熟語辞典

だれの口にものぼり、広く世間に知られて、もてはやされること。▽「人口」は世人の口・うわさ。「膾」はなますで、細く切った生なまの肉、「炙」はあぶり肉のこと。どちらも美味で、だれの口にも合って好まれることから。一般には「人口じんこう膾炙かいしゃする」と慣用する。「膾炙人口かいしゃじんこう」ともいう。「炙」は「せき」とも読む。
出典
林嵩りんすう「周朴詩集序しゅうぼくししゅうじょ
句例
人口に膾炙した故事
用例
第百三十七段は、兼好の美意識の総まとめのような感があって、代表的な文章として、よく人口に膾炙している。<瀬戸内寂聴・寂聴つれづれ草子>

人口膾炙の解説 - 四字熟語辞典

多くの人の話題にのぼり、広く世間に認められること。詩文などが褒め称えられて、もてはやされること。
注記
「膾炙人口かいしゃじんこう」ともいう。「人口」は、人々の口にのぼること。「膾炙」は、なますとあぶり肉で、ともに美味で人に好まれた。「かいせき」とも読む。「人口じんこうに膾炙かいしゃする」と使う。
出典
林嵩りんすう「周朴詩集序しゅうぼくししゅうじょ

出典: 四字熟語辞典

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。