スロット このすば

十人十色の解説 - 新明解四字熟語辞典

考え・好み・性質などが、人によってそれぞれに異なること。
句例
十人十色の考え
用例
よそ目には一列一体、平等無差別、どの猫も自家固有の特色などはないようであるが、猫の社会にはいってみるとなかなか複雑なもので十人十色という人間界のことばはそのままここにも応用ができるのである。<夏目漱石・吾輩は猫である>
類語
各人各様かくじんかくよう 三者三様さんしゃさんよう 十人十腹じゅうにんとはら 多種多様たしゅたよう

十人十色の解説 - 四字熟語辞典

人はそれぞれ好みや意見が異なっているということ。ひとりひとりは、みな別々の趣味嗜好しこうがあって、一律ではないこと。「人の心は面おもての如ごとし」と同意

十人十色の解説 - デジタル大辞泉

考え方や好みなどが各人それぞれに違っていること。「—の服装

[補説]作品名別項。→十人十色

出典:

2023/12/18 05:05

出典:

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。