スロット このすば

諸行無常の解説 - 新明解四字熟語辞典

この世の万物は常に変化して、ほんのしばらくもとどまるものはないこと。人生無常をいう仏教の根本的な考え。▽仏教語。「諸行」は因縁によって生じた、この世の一切の事物
出典
『北本涅槃経ほくほんねはんぎょう
句例
諸行無常の人生、諸行無常の悟り
用例
『平家物語』はこの時期を、「たけき者もつひにはほろびぬ」と書き、諸行無常を謳うたいあげた。<永井路子・つわものの賦>
類語
有為転変ういてんぺん 有為無常ういむじょう 万物流転ばんぶつるてん

諸行無常の解説 - 四字熟語辞典

世のすべてのものは、移り変わり、また生まれては消滅する運命を繰り返し、永遠に変わらないものはないということ。人生は、はかなく虚むなしいものであるということ。
注記
仏教の根本的な思想である三法印の一つ。「諸行無常」「諸法無我しょほうむが」「涅槃寂静ねはんじゃくじょう」をいう。「諸」は、宇宙の中の万物、すべて。「行」は、変転し流動していくこと。「無常」は、すべて無に等しいこと、虚無であること。『平家物語へいけものがたり』の冒頭の句「祇園精舎ぎおんしょうじゃの鐘かねの声、諸行無常の響きあり」は有名。
表記
「無常」を「無情」と書きちがえない。
出典
『大般涅槃経だいはつねはんぎょう
類語
有為転変ういてんぺん 盛者必衰じょうしゃひっすい

諸行無常の解説 - デジタル大辞泉

仏教の根本主張である三法印の一。世の中の一切のものは常に変化し生滅して、永久不変なものはないということ。

出典:

出典: 四字熟語辞典

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。